saita 8月号

saita 8月号 P118より

旬のガウンスタイルで腰まわりはいっそ隠す!
アシンメトリーなステッチが、お尻を小さく見せるバックポケット付き。旬のワイドデニム+ガウンコーデ。トップスはライトグレーとホワイトレースで清涼感を演出。さり気なく腰まわりを隠すガウンは、1枚あると便利なアイテム。

ワイドなブルーデニムに赤のフラットシューズを合わせるだけで、華やかで小粋なイメージのアクティブ女子完成です。

◆【下段左】 NICOLE suede(RUBI)  

ブラック合わせでかっこいい女風スタイルに
リネンコットンのやわらかい素材のデニムは、落ち感が美しくどこかエレガントな雰囲気も。クールな洗練された印象にまとまり、カジュアルになりがちなデニムも”いい女”スタイルに。ハイウエストマークのトップスなら、ウエストにくびれが出来て脚長効果も狙える!

ワイドなブルーデニムにベージュと黒のバイカラーのフラットシューズを合わせれば、知的なイメージのアクティブ女子完成です。

◆【下段右】 ELLA patent-leather(NEGRO-HADES)

saita 8月号 P119より

夏のシックトーンが洗練されたスタイルへと導く
肩かけカーディガンとパールネックレスで目線を上にすれば、気になるずん胴に視線が集まらない。

リジッドのハイウエストスキニーに黒のフラットシューズ、それもメタリックチップ付きとなれば、足下にセンスもキラリと光ります。

◆【上段右】 LENA metallictip-suede(NEGRO)

saita 8月号 P121より

ボーダー x バレエシューズの定番合わせでパリシックに
OFF⇒ミリタリーワークウェアとしてのデニムにこだわって作られるオアスロウ。ミミ付きのセルヴィッジデニムは、こだわり派や男性からも人気です。赤いミミがちらりとのぞいてロールアップもキマります。裾を折り返して、ボーダートップスやバレエシューズを合わせたパリジェンヌ風の着こなしは、定番的だけど誰からも高感度大!

ボーダーTに赤ミミの付いたセルヴィッジデニム、そして赤のフラットシューズが揃えば、すぐにでもお出掛けしたくなりますよね!

◆【下段】 MARILYN patent(RUBI)